注文住宅を日田市,玖珠,うきは市で建てるならKAKUDOへ

株式会社KAKUDO
TEL:0973-28-8085
お問い合わせ 資料請求フォーム
家を見る

HOME > お客様インタビュー

施主様インタビュー

ご夫婦と四人のお子様の笑顔があふれるY様邸は、カフェと間違われたことがあるほどオシャレな外観の新築注文住宅です。
3人目のお子様を妊娠されていたとき、賃貸アパートを手狭に感じたことをきっかけに戸建住宅を意識されたそうです。
「ジャングルジムやトランポリンを置いて、子どもたちがのびのび遊んでいます」と嬉しそうに話してくださったY様。家族の笑顔が生まれる家づくりの詳細を伺ってきました。

「一級建築士が建てる家」は敷居が高い!?

家を新築されたキッカケを教えて下さい

奥 様

以前は賃貸の3DKに住んでいたんですけど、3人目を妊娠してそろそろ家が手狭になってきたなと考えていました。広いところに引っ越すにしても家賃が上がってしまうので、その家賃をずっと払い続けるのももったいないなって。

旦那様

高い家賃を払い続けるくらいなら、いっそ家を建ててしまおうという話になったのが、最初のキッカケですね。

新築される前に何か悩んでいたことはありますか?

奥 様

「一級建築士が建てる家」って、ものすごく敷居が高いイメージはありましたね。お値段も、普通の倍以上するんじゃないかなって。でも、実際は社長も大工さんもすごく気さくだし、予算の相談にも乗ってくれて、要望も言いやすい雰囲気でした。

旦那様

あと、うちは土地から探していたので、いい土地がないかとKAKUDOさんに相談していましたね。

奥 様

子どもの安全上、大きな道路が近くにある土地は嫌だったり、平屋建てにしたかったので広さが必要だったりと、いくつか条件があったんです。土地を見つける時間はかかったと思います。

KAKUDOを知ったキッカケを教えてください。

旦那様

僕の仕事が電気工事なので、建築業ということもあってこちらの社長の息子さんと一緒に仕事をしたことがあったんです。それからずっと仲良くさせていただいていたので、家を建てると決めたときは真っ先にKAKUDOさんが思い浮かびました。

地場企業だからこその柔軟な対応が KAKUDOさんの魅力。

他企業と検討・比較はされましたか?

旦那様

いろんなハウスメーカーの展示場に行ったことはありました。

奥 様

私はハウスメーカーのHPを見たり、資料請求もたくさんしました。ただそれは、家を建てるってどんな感じだろうと勉強しに行っている感覚で、大手で建てようという気はなかったです。

上記企業ではなく、KAKUDOで家を建てようと思った理由を
具体的に教えて下さい。

旦那様

僕は最初から、KAKUDOさんで家を建てると決めていたんです。やっぱり建てるなら地元の会社がいいし、知らないところよりは知っているところのほうがいいなと思っていました。

奥 様

私の友達に大手のハウスメーカーで家を建てた人がいるんですけど、「思っていた家と違う」って話をしても「もう変えられません」って言われるだけで、結局思い描いていた家にはならなかったという子もいたんです。

旦那様

大手ハウスメーカーは工夫して費用を抑えようと思っても、どうしても限界がありますよね。うちは予算も決まっていたので、KAKUDOさんなら柔軟な対応をしていただけると思いました。

KAKUDOさんは私たちのこだわりに全力で応えてくれました!

実際に建ててから満足しているポイント

旦那様

家の中の暖かさには驚きました。断熱材にはこだわっているという話を聞いていたんですけど、実際に暮らしてみると想像以上によかった。

奥 様

賃貸で使っていた8畳用のヒーターでも、20畳ちょっとのリビング全体に暖かさが行きわたるんです。光熱費も下がったし、以前かかっていたガス代がまるまる浮いていますね。

旦那様

今年はヒーターを15畳用にしてリビングに置いていたんですが、リビングの隣の子ども部屋もドアを開けていたら暖まってくるんですよ。

奥 様

あとは屋根裏に収納スペースを作ってもらいました。すごく広くて便利です。

旦那様

うちは片屋根なので上がっている部分が広いんですよ。空間がもったいないから、屋根裏部屋にて収納にしようとKAKUDOさんに提案していただいて作ってもらいました。

奥 様

押入れが少ない代わりに屋根裏が充分な収納スペースになっているので、下の住居部分を広く使えて嬉しいですね。

部屋づくりでこだわったポイント

奥 様

私がハンドメイドをしているので、その作業部屋がほしいという要望は伝えたんですが、作業部屋の中にも専用のテーブルと棚を作ってもらいました。今は資材庫になっているんですが、子どもたちに触られないところにまとめておけるので助かっています。それから玄関の赤い扉も大満足です。これ、日本にはないから輸入していただいたんですよ。

旦那様

参考にした雑誌に載っていたものをそのまま取り入れたくて、雑誌を見せて「こんなふうにしてください」ってお願いしたんです。

奥 様

色も普通の赤は嫌だったので、目の前で塗料を調合してもらって理想の赤を作って塗ってもらいました。
絶対にこうしたい!というこだわりは充分叶えてもらったと思います。

今だから言える、もっとこうだったら良かったというところは?

奥 様

シューズクロークを作ってもらったんですけど、もっと大きいものにしてもらえばよかったなという後悔はありますね。家族が多いので、もう入りきれないんです。靴屋さんみたいになっちゃってる。

旦那様

お風呂をもっと大きくしたかったとか。「ここはこうしておけばよかった」という気持ちはありますけど、家全体には何も不満はないです。

最初は何もわからなくても当たり前。
まずは相談してみてください!

最後にこれから家を建てられる方にアドバイスをお願いします!

奥 様

私たちは「家を建てる」という気持ちが先にあって、中身のことは後から決めたからちょっと大変でした。こういう家にしたいという具体的なイメージとか、カーテンや壁の色なんかは先に決めていたほうがスムーズかもしれません。

旦那様

そういう悩みもKAKUDOさんが柔軟な対応で解決してくれたので、感謝しています。実際に建設中の家を見ながら調整してもらえた部分もありました。僕たちの要望に寄り添ってくれる家づくりだったと思います。

奥 様

予算面も調整はあったけど、すごく我慢をしたという感じはないです。素人に家のことはわからなくて当たり前だと思うので、やりたいこと、予算、とりあえずなんでもKAKUDOさんに相談してみてください。きっとKAKUDOさんとなら、楽しい家づくりをしていけると思います。

施主様インタビュー